ローリングストックをやめた!OYAOYAの乾燥野菜で賢い食材管理術

ローリングストックという食材管理法は、一定量の食材を常にストックしておき、新しいものが入ったら古いものを使うという方法です。しかし、これには欠点もあり、食材の消費が追いつかないことがあります。そこで、今回はローリングストックを始めたけど、難しいという方に向けて、OYAOYAの乾燥野菜を活用した賢い食材管理術を紹介します。

乾燥野菜のメリット

ローリングストックの欠点と乾燥野菜のメリット

ローリングストック法は、一見効率的に見えますが、食材の消費が追いつかないことで無駄が生じることがあります。これに対して、乾燥野菜は長期保存が可能で、必要な分だけ使えるため、無駄を減らすことができます。

OYAOYAの乾燥野菜を使った食材管理術

  1. 一定量の乾燥野菜をストック OYAOYAの乾燥野菜は、栄養価が高く、風味豊かで多彩な料理に活用できるため、一定量をストックしておくと便利です。

  2. 必要な分だけ使う 乾燥野菜は、必要な分だけ使えるため、食材の消費が追いつかないことがありません。また、開封後も冷蔵庫で保存すれば品質が保たれます。

  3. 買い物リストを作成 ローリングストックをやめた場合、買い物リストを作成し、必要な食材をリストに従って買い揃えることで、無駄な買い物を防ぐことができます。

乾燥きゅうり

OYAOYAの乾燥野菜を活用したレシピ例

災害時にもできる簡単レシピは以前こちらの記事で紹介をしました。本記事では他のレシピも紹介します。

  1. 乾燥野菜を使ったスープ:乾燥野菜を戻し、鶏ガラスープやコンソメスープに加えるだけで、簡単に栄養豊富なスープが作れます。
    コンソメスープのレシピはこちら
  2. 乾燥野菜を使った炒め物:乾燥野菜を戻してから、肉や他の野菜と一緒に炒めることで、手軽に栄養バランスの良い炒め物が作れます。また、乾燥野菜は風味が濃厚なため、味付けもシンプルで済みます。

    炒め物のレシピはこちら

  3. 乾燥野菜を使ったサラダ:乾燥野菜を戻し、他の生野菜や果物と一緒にサラダにすることで、新鮮な食感と栄養価の高さを楽しめます。ドレッシングは、オリーブオイルやレモン汁、酢などで簡単に作ることができます。
    サラダのレシピはこちら

ローリングストックを辞めても
色々便利な乾燥野菜

ローリングストックをやめても、OYAOYAの乾燥野菜を上手に活用すれば、賢い食材管理ができます。乾燥野菜は長期保存が可能で、必要な分だけ使えるため、無駄を減らすことができます。

また、栄養価が高く、さまざまな料理に活用できるため、食生活の幅も広がります。ローリングストックをやめたい方は、ぜひOYAOYAの乾燥野菜を試してみてください。


乾燥野菜を試してみる

ドライトマト - OYAOYA
OYAOYAのドライトマト
ドライトマト
乾燥玉ねぎ - OYAOYA
乾燥玉ねぎ
乾燥玉ねぎ
乾燥きゅうり - OYAOYA
コリコリした食感で甘い
乾燥きゅうり
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない人参
乾燥京くれない人参
乾燥オランジェ人参 - OYAOYA
乾燥オランジェ人参 - OYAOYA
乾燥オランジェ人参
乾燥にんじん - OYAOYA
乾燥にんじん - OYAOYA
乾燥にんじん