乾燥ラディッシュ

乾燥ラディッシュ

通常価格 ¥600
/
容量
税込
  • 京都府産
  • ブドウ糖不使用
  • 製造日から180日間の日持ち

恋する赤はラディッシュ色
乾燥させるとより甘い

京丹波町の若手農家さんがこだわって栽培するラディッシュは、宝石のような赤い実から溢れる、みずみずしい甘さがトリコになるおいしさ。乾燥野菜にする規格外のラディッシュも絶品です。

乾燥ラディッシュ

乾燥ラディッシュの3つの特徴

1.乾燥させればより一層スイートな味わい

2.もぐもぐ味わえる食感

3.サラダで楽しむ時は、戻した水もスープに使える

乾燥ラディッシュ

乾燥させるとよりスイートに

加熱するとさらに甘くなると評判のラディッシュは、乾燥させればより一層スイートな味わいへ。シャクッとはかない生とは違い、もぐもぐ味わえる食感なので、恋する甘い余韻にとっぷり浸れます。

甘さがしっかりとあるので、そのまま食べても十分美味しいです。

%u4E7E%u71E5%u30E9%u30C7%u30A3%u30C3%u30B7%u30E5

乾燥ラディッシュの使い方

サラダで楽しむ時は、戻した水もスープに。鮮やかな色だけでなく、甘さも溶け出しています。もちろんそのままスープに入れたり、ピクルス液に漬しても。ゼリー寄せも美しく仕上がります。

ラディッシュとコーンの炊き込みご飯

ラディッシュとコーンの炊き込みご飯

コーンとラディッシュの甘さをダブルで楽しめる

必要な具材

  • 乾燥ラディッシュ、コーン缶詰、ツナ缶、マヨネーズ

調理手順

  1. 炊飯器でお米を炊き、炊き終わったらツナ缶とマヨネーズを混ぜる
  2. 混ぜ終わったら温かいうちに乾燥ラディッシュとコーンを混ぜて完成

使用しているラディッシュ

京都・京丹波産のラディッシュを使用。他産地に比べて大玉でソテーや天ぷらにして食べるのがおすすめの野菜です。ラディッシュの赤色は生産者である野村さんの情熱を表しているかのよう。

京丹波ラディッシュ

生産者:野村家(京都・京丹波)

東京で食品卸の商社営業、京都で野菜の流通業に従事したのち祖父が始めた農業を継ぐ形で2020年に独立。

野村家

乾燥ラディッシュのまとめ

内容量:20g

生産者:野村家(京都・京丹波)

原材料:ラディッシュ(京都府産)

代金決済確認後、3-7営業日以内に本商品を発送します。

5000円以上購入で送料無料(北海道・沖縄を除き送料無料)

送料

関西・中部・四国・中国地方:

・ご注文金額が3,100円以下:600円

・ご注文金額が3,101円以上:1,000円

北陸・東北・関東・九州:

・ご注文金額が3,100円以下:700円

・ご注文金額が3,101円以上:1,100円

北海道・沖縄:

・ご注文金額が3,100円以下:1,200円

・ご注文金額が3,101円以上:2,000円

そのほかのおすすめ
最近見た商品

乾燥野菜の選び方

定番の野菜から京野菜まで20種類前後の乾燥野菜が揃うOYAOYA
まずが試したい乾燥野菜

ギフトに送る

野菜のおいしさが再発見できて、健康にも気遣える乾燥野菜たちは、ギフト使いもOKなんです。

乾燥野菜の使い方

ドライフルーツ感覚でヨーグルトにトッピングするのもおススメです。