[万願寺とうがらし]京都の夏の風物詩とその魅力

京都の夏の風物詩、万願寺とうがらし

京都の伝統野菜
万願寺とうがらしの歴史と特徴

万願寺とうがらしは、江戸時代に京都の万願寺で栽培が始まったことからその名がついています。このとうがらしは、一般的なとうがらしとは異なり、辛さが非常に抑えられた甘い味わいが特徴で、京都の伝統文化を感じさせます。

果実は細長く、緑から赤に変わることが一般的で、その美しい姿も魅力の一つです。特にOYAOYAが仕入れているSeasonさんではセクシーな万願寺とうがらしが特徴的です。

万願寺とうがらし

万願寺とうがらしの楽しみ方と料理

万願寺とうがらしはその甘さと風味が特徴で、さまざまな料理で活躍します。天ぷらや炒め物に加え、おひたしや和え物などで生のまま楽しむことができます。また、焼いても風味が引き立ち、バーベキューの際にも重宝します。料理に使う際は、新鮮なものを選ぶことが大切です。

OYAOYAでの万願寺とうがらしと乾燥野菜

OYAOYAでは、京都・福知山のSeasonさんから仕入れた万願寺とうがらしを使って乾燥野菜にしています。肉厚ジューシーな万願寺とうがらしは、乾燥させても食感そのまま。そして香りはスッキリと変化するので焼きそばやパスタと相性ぴったりです。

OYAOAYの万願寺とうがらし

乾燥万願寺とうがらしの楽しみ方

乾燥万願寺とうがらしは、そのまま料理に加えることができ、風味を一層引き立てます。例えば、煮物やスープに加えることで、深い味わいが楽しめます。また、乾燥万願寺とうがらしを粉末にして調味料として使うことも可能です。荒めに砕いて塩と混ぜると天ぷらとよく合います。

乾燥万願寺とうがらしを使ったレシピを試しながら、万願寺とうがらしの魅力を堪能しましょう。

Seasonの万願寺とうがらし

万願寺とうがらしを使ったレシピアイデア

万願寺とうがらしを使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

鮭フレークと乾燥野菜を使ったクリームパスタ

鮭フレークと乾燥万願寺とうがらしのクリームパスタ

在宅ワーク中におすすめのお手軽パスタ。鮭フレークと乾燥野菜を使ったクリームパスタ。

レシピはこちら

鶏からあげと青とうがらしの黒酢あんかけ

鶏からあげと青とうがらしの黒酢あんかけ

お惣菜の鶏唐揚げをひと手間かけて、おかず感あるようにボリュームと旨みをプラスしました。

レシピはこちら

万願寺とうがらし

京都の伝統野菜、万願寺とうがらしを楽しもう

京都の伝統野菜である万願寺とうがらしは、その甘さと風味が魅力で、様々な料理で楽しむことができます。生鮮を焼き物して味わったり、乾燥野菜にして風味を味わうのも良し。乾燥万願寺とうがらしはオールシーズン楽しめるので、本記事を見て気になった方がぜひお試しください!


乾燥野菜を試してみる

ドライトマト - OYAOYA
OYAOYAのドライトマト
ドライトマト
乾燥玉ねぎ - OYAOYA
乾燥玉ねぎ
乾燥玉ねぎ
乾燥きゅうり - OYAOYA
コリコリした食感で甘い
乾燥きゅうり
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない人参
乾燥京くれない人参
乾燥オランジェ人参 - OYAOYA
乾燥オランジェ人参 - OYAOYA
乾燥オランジェ人参
乾燥にんじん - OYAOYA
乾燥にんじん - OYAOYA
乾燥にんじん