乾燥野菜の魅力を引き出す5つのつかいかた

乾燥野菜の5つのつかいかたを紹介します。

乾燥野菜の使い方

乾燥野菜のつかいかた①:そのままのせる

乾燥野菜はそのままでも食べられます。サラダやピザの仕上げにトッピングすると、見栄えも◎。

【おすすめの食べかた】

  1. サラダのトッピング
  2. ピザのトッピング
  3. スイーツのトッピング

乾燥野菜のピザ

乾燥野菜のカップケーキ

乾燥野菜のつかいかた②:そのままいれる

茹で時間が必要ないので、スープやお味噌汁にサッと加えられる手軽さも乾燥野菜の魅力です。

【おすすめの食べかた】

  1. お味噌汁
  2. ポタージュスープ
  3. ゼリー

乾燥野菜のお味噌汁

大根のポタージュ

乾燥野菜のつかいかた③:水でもどす

そのままの歯ごたえもいいですが、水にもどしてやわらかくすると野菜本来の甘みが感じられ、料理に奥行きがでます。水にひたす時間は10分〜20分程度がつかいやすいでしょう。

水に浸して10分ほど

たとえばトマトの場合には、1時間ほどひたすと生の食感に近くなります。

1時間経過

【おすすめの食べかた】

  1. 切り干し大根
  2. ゴーヤチャンプルー
  3. キッシュ

ゴーヤチャンプル

乾燥野菜のつかいかた④:オイルにつける

オリーブオイルにつけておき、つかいたときにトッピングや料理の具材に付け足すのもおすすめ。

トマトのオイル漬け

【おすすめの食べかた】

  1. サラダのトッピング
  2. ピザのトッピング
  3. ガスパチョ

トマトのガスパチョ

乾燥野菜のつかいかた⑤:パウダー状にする(粗く刻む)

生の野菜では難しいつかいかたがこちら。乾燥しているからこそ、フードプロセッサーなどでパウダー状にできます。ケーキ生地に混ぜるときは細かく、歯ごたえや見た目をたのしみたいときには粗くするとつかいやすいです。

【おすすめの食べかた】

  1. ケーキの生地
  2. ケーキのトッピング
  3. 肉や魚のソース

乾燥野菜のケーキ

レシピは全てこちらに掲載中


乾燥野菜を試してみる

ドライトマト - OYAOYA
OYAOYAのドライトマト
ドライトマト
乾燥ビーツ
乾燥ビーツ
乾燥きゅうり - OYAOYA
乾燥きゅうり(京都府産)|OYAOYA
乾燥きゅうり
乾燥椎茸
乾燥しいたけ
乾燥しいたけ(椎茸)
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない人参
乾燥しょうが
乾燥生姜 - OYAOYA
乾燥生姜(しょうが)
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根