野菜パウダーを活用したアレンジレシピ3選

野菜の彩

彩りだけで料理が変化する

毎日料理を作っているとワンパターンになってしまったり、同じようなメニューになったりと悩みがつきません。料理で必ずと言って良いほど使う野菜は栄養が豊富で、健康的な食事に欠かせない存在です。さらに、野菜には美しい色があり、それぞれの色によって栄養素が異なることが知られています。

今回は、野菜の色をテーマに、簡単なのに美味しくいつもと違うと感じるアレンジレシピをご紹介します。

京野菜の壬生菜

野菜のバランスと色

野菜には様々な色があります。赤、黄色、緑、オレンジ、紫など、その色によって含まれる栄養素が異なります。例えば、赤い野菜にはリコピンが多く含まれており、緑の野菜にはカロテノイドやクロロフィルが豊富に含まれています。

色と栄養素は密接に関連しているため、色とりどりの野菜をバランスよく食べることが大切です。

彩り豊かなドライ野菜

注目されている
野菜パウダー

最近では、野菜の栄養素を手軽に取り入れるために、野菜パウダーが注目されています。野菜を乾燥して粉末にしたもので、色や栄養素が濃縮されています。野菜ジュースやスムージー、料理に加えることで、簡単に栄養を補うことができます。

また、野菜パウダーには種類も豊富で、例えばスピルリナパウダーは緑色で鉄分やカルシウムが豊富、ビートパウダーは赤紫色でビタミンCや鉄分が含まれています。

野菜パウダーの原料になる乾燥野菜

乾燥野菜からパウダーが作れる

野菜パウダーをいざ使いたいとなっても、種類豊富なパウダーは身近な場所には売っていないかもしれません。そんな時におすすめなのが、乾燥野菜を砕いたりミキサーにかけてパウダーにする方法です。

乾燥野菜からパウダーを作ることで、料理に応じた粗さにすることができて料理の幅が広がること間違いなしです。今回は、そんな乾燥野菜をパウダーにして作ったレシピを5つご紹介します。

乾燥ほうれん草のクリームチーズカップケーキ

乾燥ほうれん草のクリームチーズカップケーキ

乾燥ほうれん草とクリームチーズを使ったカップケーキをご紹介します。後に紹介する料理へとアレンジもできるので、お好みに合わせてオリジナリティーのたかり料理を作っていきましょう。

材料

調理方法

  1. 耐熱ボウルにクリームチーズをいれ、柔らかくなるまでレンジで加熱する
  2. 乾燥ほうれん草と塩を加え、よく混ぜあわせる
  3. 絞り袋にいれたあとカップケーキにデコレーションします。

詳しいレシピはこちら

 乾燥ごぼうのクリームチーズあえブロッコリー

乾燥ごぼうのクリームチーズあえブロッコリー

クリームチーズの濃厚さと、ごぼうの掘り立ての風味がブロッコリーに絡まっておすすめの一皿です。

材料

  • クリームチーズ:50g
  • 乾燥ごぼう:小さじ1〜(パウダー状にしたもの)
  • 塩:少々

調理方法

  1. 耐熱ボウルにクリームチーズをいれ、柔らかくなるまでレンジで加熱する
  2. 乾燥ごぼうと塩を加え、よく混ぜあわせる
  3. 茹でたブロッコリーにあえ、乾燥ごぼう(分量外)をトッピング

レシピの詳細はこちら

乾燥京くれないとクルミのクリームチーズ

乾燥京くれないとクルミのクリームチーズ

乾燥京くれない人参、クリームチーズに クルミをプラスして、食感と香ばしさをたのしめます。
材料

調理方法

  1. 耐熱ボウルにクリームチーズをいれ、柔らかくなるまでレンジで加熱する
  2. 乾燥京くれない人参とクルミ、塩を加え、よく混ぜあわせる
  3. 絞り袋にいれたあとカップケーキにデコレーションします。

詳しいレシピはこちら

オクラの花

乾燥野菜の世界はカラフル

野菜の色と栄養素をバランスよく取り入れることで、美味しく健康的な食事を楽しむことができます。野菜パウダーを使ったり、色とりどりの野菜を使ったりして、様々なバリエーションのレシピを楽しんでみてください。

また、乾燥野菜を使うことで、より簡単に種類豊富な野菜と出会うことができます。野菜の美しい色と栄養素を活かした料理を通じて、健康的なライフスタイルを目指しましょう。


乾燥野菜を試してみる

ドライトマト - OYAOYA
OYAOYAのドライトマト
ドライトマト
乾燥ビーツ
乾燥ビーツ
乾燥きゅうり - OYAOYA
乾燥きゅうり(京都府産)|OYAOYA
乾燥きゅうり
乾燥椎茸
乾燥しいたけ
乾燥しいたけ(椎茸)
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない - OYAOYA
乾燥京くれない人参
乾燥しょうが
乾燥生姜 - OYAOYA
乾燥生姜(しょうが)
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根 - OYAOYA
乾燥聖護院大根