規格外野菜 | 乾燥白ねぎ

京野菜のOYAOYA
乾燥野菜シリーズ

乾燥白ねぎ

ツンと香って とろとろ甘い

乾燥白ねぎ | 乾燥野菜OYAOYA

乾燥白ねぎの特徴

白ねぎはツンとした香りが特徴的で、炒め物から汁物まで万能的に使える野菜です。乾燥させることで風味はそのまま、味噌汁などに入れることでやわやわと甘味が口の中で広がります。

乾燥白ねぎ | 乾燥野菜OYAOYA

規格外野菜の白ねぎ

 実は規格外野菜の中でも厳しい決まりがある白ねぎ。たとえば白ねぎにある白い部分の長さや太さの決まりなど厳しい基準が設けられています。そのためスーパーなどに並んでいる白ねぎは厳しい規格を突破した、白ねぎなのかもしれません。

https://oyaoya-kyoto.com/blogs/oyaoya/規格外野菜

規格外野菜 | 乾燥野菜OYAOYA

乾燥白ねぎと生野菜白ねぎの違い

生野菜の白ねぎはシャキシャキとした食感が特徴的で、炒め物や料理のさまざまなシーンで使用されます。乾燥野菜の乾燥白ねぎも同様に料理のさまざまなシーンで活用されますが、違いとしては食感がやわやわです。

乾燥白ねぎはネギが持っている甘みをギュッと閉じ込めています。そのため汁物に入れることで、甘味が溢れてスープごととろとろとした味わいに変化します。

https://oyaoya-kyoto.com/products/green-onion

乾燥白ねぎを使った豆乳スープ

乾燥白ねぎの食べ方

ツンと香るものの、とろとろ甘い白ねぎはスープや汁物。さらには麺類に入れると絶品です。

乾燥白ねぎのスープ/味噌汁

とろとろ食感を活かして味噌汁やスープの具材として乾燥野菜を入れることで、野菜のお出汁も溢れて絶品です。

乾燥白ねぎで作る焼きそば

焼きそばを作る具材としても使える乾燥白ねぎ。カップラーメンやカップ焼きそばなどに乾燥白ねぎを入れても絶品です。

エチエ農産

京丹後・久美浜のエチエ農産

白ねぎの生産者

https://oyaoya-kyoto.com/blogs/farmer/エチエ農産

乾燥野菜の魅力

日本では古くから干し野菜をはじめとした日持ちがする乾物のある食文化でした。便利に使えるのはもちろんですが、乾燥野菜にしか出せない味わいがあるのも特徴的です。

現代では乾燥野菜が早く戻ることを目的にブドウ糖などを使用しているものもありますが、乾燥野菜にしか出せない味わいを楽しむという観点ではブドウ糖不使用のものを選ぶことで、料理の味が崩れずに野菜本来の味わいを楽しむことができます。

OYAOYA | 規格外野菜を使った乾燥野菜

京都産のこだわって栽培された野菜のみを使い、乾燥野菜にしたのがOYAOYAです。

規格から外れていない野菜は通常流通し、規格外で行き場のない野菜を農家さんから買取り、乾燥させて乾燥野菜にしています。

おいしい!を耕そう。をコンセプトに、OYAOYAは乾燥野菜の美味しい使い方を発見し、農業の新しいカタチを実現することでフードロスの削減と農業の存続に取り組みます。